妊娠初期に突然出血。絨毛膜下血腫の体験談。

妊娠初期、突然の出血。誰だって焦るし不安になると思います。

私は2人目を妊娠中、突然出血と血の塊が出て絨毛膜下血腫(じゅうもうまくかけっしゅ)

と診断されました。

絨毛膜下血腫のことを何も知らなかったのでネットで調べまくったのを今でも覚えています。

その時、体験談などを見て、すごく励まされたし参考になったので同じように悩んでいる方の参考になればと思います。

絨毛膜下血腫てなに?? 症状は??

 

私は医師や、専門家ではないので引用させていただきます。

受精卵が子宮内膜に根を伸ばしていくときの出血です

 絨毛膜と子宮内膜の間にできた血腫(血の塊)で、妊娠初期によく見られます。 超音波検査の画面では、子宮の卵膜下に黒く見えます。
 受精卵は子宮内膜に付着すると、絨毛組織を内膜に伸ばして、胎盤をつくり始めます。そのとき、子宮内膜の血管が壊されるので、出血が起き、血腫ができることがあります。その血が子宮の外に出てくるとママにもわかり、出血したときに出るプロスタグランジンという物質がおなかの張りや腹痛を起こします。
 血の塊が大きいと流産する恐れがありますが、自然に吸収されれば、妊娠は継続していきます。妊娠初期から中期にかけて、胎盤が出来上がるまでの間は、しばしば出血が認められることがありますが、赤ちゃんの心拍が確認されていれば、多くの場合無事に育っていきます。薬を処方されたらきちんと服用し、安静に過ごしましょう。

引用元:妊娠用語辞典│たまひよ 

 

絨毛膜下血腫。体験談

妊娠3ヶ月を過ぎた頃、その時は突然やってきました。

日頃から無理をしないようにと休憩を多めにとりながら家事をやっていました。

長女がお昼寝をしたので、洗濯物を干そうとソファーから立ち上がった時、生理の時みたいに何か出たような感覚が。。

確認すると少量の出血がありました。

長女の時は出産まで何事もなくいったので妊娠中の出血なんて初めての経験でした。

「何?なんで出血?」

と軽くパニック状態に。。

急いで出血したことと、産婦人科に連れていってもらうため旦那に連絡して帰りを待っていました。

着替えを済ませ準備をしていると、ヌルンと嫌な感覚があり、恐る恐る見てみると4,5センチくらいの赤黒い塊が。

「あ、、、赤ちゃんが出てきちゃった。。。」

頭が真っ白になりながらも病院に電話をして状況を説明すると

「今すぐその塊も一緒に持ってきてください」

と言われ泣きながら病院へ。待合室で待っている間

「無理しちゃったかな」とずっと自分を責めていました。

先生に呼ばれて診察してもらうと

「赤ちゃん元気ですよ!」

流産したと思い込んでいた私はびっくりしたのと安心したことで診察台の上で号泣していました。

先生に

「絨毛膜下血腫ですね。まだ血腫もあるし出血も多かったので念のため1日入院しましょう」

長女がまだ1歳半くらいだったので1日だけ入院で、後は家で安静にとのことでした。

その日はベットの中で絨毛膜下血腫のことを調べまくって体験談や先輩ママのアドバイスを見て励まされたことを今でも覚えています。

自宅に戻ってからも昼間は母に夜は旦那に家事を手伝ってもらいながら、ほとんどベットの上で過ごしていました。

出血はピンクのおりものが2週間くらい続いたものの幸いおおきな出血もなく、お腹の中にあった血腫も5か月頃にはなくなっていて赤ちゃんもすくすく育ち無事に出産する事がができました。

後輩ママへ

絨毛膜下血腫と診断されて、すごく不安だと思います。私も毎日不安でした。不安の中毎日過ごしているとお腹にいる赤ちゃんやお母さん自身にもよくないので、少しでも気持ちが楽になるように、かかりつけの産婦人科の先生や助産師さんに相談するといいでしょう。

絨毛膜下血腫の一番の薬は安静です。しかし仕事をしていたり、私のように上の子がいたりして絶対安静は難しいかたもいると思います。後悔しないため旦那さんや家族に手伝ってもらいながら、このつらい時期を乗り切りましょう。絶対に終わりはきますので、お腹にいる赤ちゃんのために頑張ってください。

コメント