蒙古斑ってどんなもの?消えていくの?

赤ちゃんのお尻や背中にある蒙古斑(もうこはん)。育児中のママならみんな知っている青色のあざのことです。
赤ちゃんを身近で見たり、触れたりする機会が少ない若い人達は、赤ちゃんの背中やお尻にそんな青いあざがあるなんて、知らないでしょう。まして、裸になった赤ちゃんを見ることなんて、まずなさそうですものね。
実は、私も全然知らなかったのです。妊娠中に参加した「母親学級」で初めて教えてもらい、びっくりしたんです。結構インパクトのある話でした。

この「母親学級」は、妊娠・出産時の、いろいろな基礎知識や情報を教えてくれるんです。産婦人科等の医療機関や、全国の市区町村が保健所などで開いています。母子手帳を貰いに行くお役所の窓口でお知らせをくれるので、ちょっと覚えておけばよいかもしれませんね。蒙古斑のお話も聞けますよ。
母親学級では、妊娠中の体調管理や出産に関する事のほか、新生児についても教えてくれるので参加してみるとよいですよ。

それでは、蒙古斑のお話をすすめて行きましょう。

蒙古斑とは何?どうしてあらわれるの?

新生児に顕著に表れる蒙古斑(もうこはん)は、お尻、腰、背中に見られる薄い青あざのこと、日本人の90~100%にあるといわれています。皮膚の下にあるメラニン色素細胞が青く見えているのです。これは黄色人種に特に良くみられる現象だそうですが、なぜ黄色人種に多いかという理由は、いまだに詳しくは分かっていないそうです。

あらわれる原因は?

私達の皮ふは、表皮・真皮・皮下組織の3層からできていて、一番外側の表皮には色素細胞(メラノサイト)があります。
このメラノサイトは、人の肌、瞳、髪の色を決めるもので、紫外線に対し「メラニン色素」を出して肌を守る働きをしてくれます。
さて、赤ちゃんがお母さんのおなかにいる時に、このメラノサイトは奥の真皮から、全身の表皮へと徐々に広がり移動していきます。その途中に一部のメラノサイトがそのまま真皮に留まった状態で、赤ちゃんが生まれてくるので、その色が青いあざとして見えるのです。この青いあざは、表皮の下にある真皮層のところにメラニン色素をつくる細胞が残って見えている色素斑ということですね。

どの部位にできるの?いつになったら消える?

普通は、お尻から腰、背中にでます。通常は、境目がはっきりせずぼんやりとした青い色が均一に広がっているのが特徴です。いつ消えるかというと、かなり個人差がありますが、2~3歳頃から薄くなってきて、小学校に入学する頃から卒業の12歳頃までにはだいたい消えてしまうそうです。

また肩や腕、手足、時には胸やお腹にできるものもあります。こうした部位にできるものは、「異所性蒙古斑(いしょせいもうこはん)」と言われるそうです。
普通は、成長と共にほとんど消えていきますが、異所性のものは自然に消えにくいようです。

ただし、どちらも成長しても消えずにそのまま残る場合もあります。いずれにしても色は薄くなり健康的に問題がなければ、特に心配することはなさそうですね。

成長しても消えないこともあります

通常のものでも、大人になっても消えずに残るものが、約3%位はあるそうです。
これは「持続性蒙古斑(じぞくせいもうこはん)」といわれて、直径2㎝位の円形が多いようですが、これも気にしなくて大丈夫だそうで、悪性になることはありません。

ここで、蒙古斑ではない青いあざには、どんなものがあるかも、知っておきましょう。
顔にできる青あざで頭の片側や目の周り、こめかみにできる青いあざは「太田母斑」です。肩や肩甲骨にできる「伊藤母斑」もあります。どちらも成長すると濃くなり自然には消えませんが、悪性のものではありません。

ここで注意しておきたいのは、直径1㎝以下の小さな青いあざの「青色母斑」です。ホクロより青みがあり、少し突起しています。これは1㎝を越えるあざになると、悪性化することがあるので、早めに手術で取り除くのが良いそうです。

また、青あざではなくて赤いあざもありますので、一部をご紹介します。
後頭部やうなじにできる赤いあざは「ウンナ母斑」で毛細血管の拡張や増殖で起きるそうです。
新生児の顔や頭にできる「苺状血管腫」という未熟な毛細血管による赤いあざもあります。
いずれも成長とともに徐々に自然治癒するそうですが、心配な時は医師へ相談しましょう。

蒙古斑が消えないとき、治療法はある?

一般的にはレーザー光線をあてるレーザー治療を行います。形成外科や皮膚科の専門病院に行きましょう。
特に、肩や腕、手足、時には胸やお腹にある場合にはレーザーの治療効果が高いそうです。
子どもの場合は、あざの面積が小さく皮膚が薄いので良い結果がでます。
早期治療のメリットは、照射箇所が少ない、照射回数が少ない、皮膚が薄く効果が高いことです。また色素沈着等の副作用の可能性が低いそうです。
レーザー治療は、例えば3カ月以上の期間をあけて1~3回程度でおおむね数分の照射を行い、子どもの場合は肌の透明度が高いのでおおよそ5回までに効果が出るようです。
ただし局所麻酔や状況によっては全身麻酔も行い、レーザー照射時はパチンという軽い痛みがあるそうです。小さい子どもは大声で泣き出したり、ひどく嫌がったりすることが多いようですね。

また、このレーザー治療は、異所性蒙古斑には保険適用(適用は5回まで)ですが、持続性蒙古斑は保険適用外なので、それぞれ治療料金が異なります。治療を受ける際には病院で費用と治療回数をよく確認しましょうね。

医師によっては、赤ちゃんの時に治療をすすめられたり、成長するまで様子を見るように言われる場合があるようです。また診断によっては、自然には全部消えずに残るが濃い部分だけにレーザー治療することもあるようです。親心としては、子どもが物心つく前にあざを目立たなくしてあげたいと思う反面、治療しなくても自然になくなる可能性もあるのでは、と悩むところもありますね。
いずれにしても、家族そして医師とよく相談して決めましょう。

まとめ

蒙古斑がどんな原因でできて、消えない時はどんな治療をするのかを見てきました。子どもたちにとっては気にならなくても、あざが目立つ箇所にあるとか、学校に行くようになったらどうかしらと、親の方が気にしてしまうのではないでしょうか。
日本人ならほぼ誰でも赤ちゃんの時にもっていた青いあざ。このあざの状態をよくみて、特に問題がないようでしたら、そのまま放っておいても大丈夫のようです。

そういえば、海外ではこの青いあざが赤ちゃんの虐待と間違われることもあるとか聞きます。海外での育児をされる方は、こんな点にも気を付けたいものですね。
けれどまた、モンゴルや南米を旅行した方が、地元の人達と、赤ちゃんのお尻の青い斑点が話題になった等の楽しい話もあります。その時はアジア人として互いに共感して氷河期の人類の大移動に思いを馳せたそうですよ。

赤ちゃんの青いあざ、いつか懐かしくママが思い出す育児の1ページになるのではないでしょうか。

コメント