産後の抜け毛はママみんなに起こります。しっかりケアしてキレイに育毛!

赤ちゃんが生まれると、ママの生活は一変します。

鏡の前で時間をかけて、髪の毛を整え、お化粧して・・・なんて遠い昔のような気がしますね。自分の髪の毛はいつも触って感じを覚えているので、出産した後グッと少なくなったことに、すぐ気がつきますよね。

少しショックですが、心配しなくて大丈夫、ちゃんと元に戻ります。

でも、早くキレイに戻すには、ちょっとしたケアをしてみましょう。

産後に髪の毛がぬけるワケは

出産の後におこる抜け毛は、ほとんどのママが心配になります。

でも育児に夢中で気にならないママや、すでに経験済みで驚かないママもいらっしゃるようですね。

それでは、なぜ抜け毛が起こるのかを調べてみましょう。

その理由は3つ、「ホルモンバランスの変化」「毛周期の乱れ」「生活の変化」です。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンにはエストロゲン(女らしさを作る)とプロゲステロン(妊娠機能を維持)の2つがあり、日々女性の健康を維持してくれています。

妊娠すると、こうした女性ホルモンの分泌量が増加していき、エストロゲンもプロゲステロンともに非常に多くなり、そして出産した後は、今度は急激に分泌量が減ってきて、脱毛など様々な身体の変化をもたらします。

ヘアサイクル(毛周期)の影響

髪の毛は一定の期間で自然に抜けて、また新しく生え変わるヘアサイクルを繰り返します。

女性ホルモンのエストロゲンは髪の毛の成長をつかさどる働きがありますが、妊娠中に増えるため、髪の毛の成長期間が延びて抜けない状況になります。

そして出産後は、エストロゲンが急に減少して、一気に髪が抜けはじめるというワケです。

抜けた毛髪は休止状態(3~4ヶ月)となり、新しく生えるまでは薄くなってしまいます。

生活の変化

赤ちゃんが生まれると、生活も一変します。

睡眠時間の減少、疲れ、慣れない育児と、ママの身体も回復していないのに、大きな負担がかかりますよね。そんな負担が、抜け毛を増やしてしまうと言われています。

 抜け毛対策はどうしたらいい?

抜け毛は、おおよそ産後2~5カ月頃からはじまり、半年~1年後くらいには自然と収まってくるそうです。

その主な原因は女性ホルモンのバランスの変化なので、この変化の回復を待つことが第一ですが、あわせて身体の内・外からケアをして、良好な回復を目指しましょう。

良好な食事のバランス

出産の後は、母乳を赤ちゃんにあげるため、ママの身体は栄養が不足がちです。栄養が足りないと髪や頭皮にまわる成分も足りなくなり、髪の成長にも影響がでます。

そこで髪の毛に必要な次の3つの栄養素であるたんぱく質・ミネラル・ビタミンをバランスよく摂るようにしましょう。

たんぱく質

アミノ酸が形成するたんぱく質は、身体の構成成分として重要な栄養素です。髪の毛の成分の90%以上を構成するケラチンもたんぱく質です。

さらにこのケラチンですが、シスチンとメチオニンというアミノ酸を多く含み、シスチンの成分であるイオウ成分がケラチンを安定させています。

髪の毛のもとになる、こうしたたんぱく質の摂取が不足すると、髪の毛が細くなり、抜けたり切れたりするというワケです。

これらを摂取できるよい食材は、とり肉、ぶた肉、マグロ、豆乳製品などです。

ミネラル

身体の健康に欠かせないミネラル、身体機能の維持や調整に重要な微量栄養素です。なかでも髪の毛と関わるのは、亜鉛とヨウ素です。

亜鉛は、食物消化で生じたアミノ酸と複合体を形成する働きがあり、体内でケラチンの再合成に役立つ成分です。また抜け毛の原因となる特定酵素の働きを抑制します。

ヨウ素は、基礎代謝を盛んにする甲状腺ホルモンの主成分でもあり、髪を美しくする頭皮を守ります。ヨウ素は、とり肉、サバ、わかめ、昆布、焼き海苔等に多く含まれています。

日本人は海藻類を多く食べるので、不足の心配は少なく、むしろ過剰摂取に気をつけましょう。

ビタミン

生命維持に不可欠な微量栄養素であるビタミンは現在13種類とされ、体内ではほとんど生成できないそうです。

そのため食べ物から摂取しますが、髪の毛に関わっているとされるのはビタミンA、ビタミンB群、ビタミンEです。

どれも、頭皮の環境を良好にして、髪の毛の成長を促進させますので、バランスよく摂取しましょうね。

  • ビタミンAは、牛・豚・鶏のレバー、ウナギ、卵黄などに多く含まれます。
  • ビタミンB群は、レバー、カツオ、マグロ、ウナギ、大豆、卵、納豆などの多食材に含まれます。
  • ビタミンEは、老化防止のビタミンともいわれ、ウナギ、シジミ、カボチャ等に多く含まれます。

ストレスを発散する

赤ちゃんと過ごす毎日で、「どうして泣きやまないのかしら」、「お尻が赤くなっているわ」等、慣れない育児にストレスを感じているママは多いと思います。

また産休明けですでにお仕事を始めているママには、本当に忙しい日々ですね。

このストレスが、実は女性ホルモンの乱れを引き起こすことになり、そして抜け毛を増やすことになります。

ご主人や周りの家族、おじいちゃんやおばあちゃんの手助けが得られるように相談したり、一人で育児を抱え込まないようにしましょう。

それが難しいママは、うまく隙間時間をみつけて、身体のマッサージやストレッチ等の運動で生活を整えましょうね。

良質な睡眠を確保

赤ちゃんの授乳等で、不規則な生活、睡眠時間となっているのは、ママ達はみな同じですね。

髪の毛は成長ホルモンと大きく関係していて、この成長ホルモンの分泌は睡眠時に行われます。

睡眠不足はこうしたホルモンバランスを悪くする原因にもなるので、ご家族など協力してもらい、十分な眠りを確保するようにしましょう。

 

こんな方法(サプリメント、育毛剤)も試しましょう

とにかく、忙しくていろいろな事に気が回らないんですというのが、出産した後のママさん達の本音でしょうね。

良くわかります。そこで、食事が上手く取れないと思った時は、サプリメントで補いましょう。バランスの良い食事が一番ですが、授乳中で栄養不足になっていたり、どの栄養が足りないかわからない等ありますね。たんぱく質・ミネラル・ビタミンを総合的にサプリで補充してケアしてください。

それから、頭皮が傷んでいるときには、シャンプーを見直すのもよく、アミノ酸系のシャンプーがお勧めです。

アミノ酸は人間の身体の成分に近く頭皮を傷めません。

またシャンプーやコンディショナー等は使った後は念入りに流しましょう。そして最後に濡れた髪は早めにタオルやドライヤーで乾かしましょう。濡れた髪を放置すると血行を悪くして頭皮に良くないです。

また、頭皮を守り整える育毛剤も開発されています。女性向けの育毛剤もあり、妊娠中でも授乳中でも使用可能です。

こちらも試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

出産前後の、ママ達の髪の毛の様子をみてきました。

赤ちゃんはどんどん成長していき、いずれママの手を離れます。忙しい日々も充実していた楽しい時として思い出される事と思いますが、ママ自身のケアも楽しい思い出にしましょう。

髪の毛が少なくなることも心配しなくても、半年~1年後くらいにはもとに戻りますので、あせらずに過ごしましょう。

ママ達も、髪の毛が少なくなった時は、ちょっとヘアスタイルを変えてみるとか、素敵な帽子で変化をつけてみるという楽しみを見つけると、良いかもしれませんね。

コメント