産み分けにチャレンジ!産み分けゼリー(ピンクゼリー)の使い方や費用は?

 

ママになる時に受ける妊婦健診、その際に赤ちゃんの性別を知りたいというママがとても多いそうです。また、生まれるまで楽しみにしているので、知らない方がよい、教えないでというママもいるそうです。
男の子、女の子で、ファミリーの雰囲気は違いますし、育児の仕方や教育方法など、パパとママには気になるところですね。二人目は女の子が欲しいわ、パパが男の子を欲しがるの等いろいろな思いもあるのは事実ですね。
そういえば最近、ピンクゼリーを併用して女の子の産み分けにチャレンジしたママの話を聞きましたので、どんなことか早速、調べてみました。

産み分けとは、どういうこと?

赤ちゃんの性別を決めるのは、ママの卵子ではなくて、パパの精子の種類です。人の性を決定する要素は、2個の性染色体XまたはYの組み合わせで決まります。
男性ではX染色体とY染色体の両方を持っていますが、女性はX染色体だけを持っています。そのため女性の体では、出産のために子宮の中に排卵される卵子はX染色体を持っています。男性の体では、X染色体をもつ精子と、Y染色体をもつ精子があり、卵子への射精が行われます(以下、X精子、Y精子とします)。

このX精子とY精子は、膣内のPh値の状況で異なる動きをするそうです。
女性の膣は外につながっているので、外界の菌を防ぐため酸性が強く、膣内部から奥の子宮はアルカリ性を示しているそうです。
X精子は膣内が酸性の時に活発となり速いスピードで動くそうです。Y精子はアルカリ性のときに活発に活動して受精をします。またX精子の方が、Y精子より寿命が長く、その差は1~2日という場合があるそうです。ただし、Y精子の数はX精子の約2倍あるそうです。

産み分けにチャレンジするとき

こうしたX精子とY精子の特徴を利用して、男の子か女の子、どちらかの出産にチャレンジすることを、産み分けと呼びます。そうしたことを考えるとき、希望するときに知っておくこと、準備するポイントをご紹介しますね。

排卵日の予測をする

女性は、排卵する前や直後が最も妊娠しやすいときです。そのため妊娠しやすいときである排卵日を予測しましょう。
基礎体温は女性の体の状態を知る大切な情報です。基礎体温は朝起きた後すぐの体温をいいますが、基礎体温の変化で「排卵日」がわかります。
基礎体温の周期を調べて、低温期から高温期に変わる前に、体温がぐっと下がる時期があり、これから高温期にかけての2~3日間に排卵が起こるといわれています。誰でも3周期の結果をみていると、妊娠しやすい排卵日を予想できるそうですよ。
基礎体温と月経日のデータを入力していくと、月経周期や排卵日を予測してくれるアプリもありますので、利用すると分かりやすくて便利ですね。
基礎体温を毎日測定して習慣化し、自分のパターンを知りましょう。

また、「排卵日予測検査薬」で排卵日をチェックする方法もあります。脳からの指示で黄体形成ホルモンと呼ばれるものが、排卵が起こる前に分泌されるそうです。この分泌量が上昇してから約40時間以内に排卵されますので、この検査薬で尿を調べることで排卵日を予測できます。排卵日が約1日前にわかるそうですね。こちらの検査薬をお考えのときは、医師、薬剤師から説明を受けて使うそうです。

セックスの方法

女の子が希望なら、膣内は酸性にして女の子のX精子が活発になれる環境でセックスしましょう。ママが気持ちよくなりオーガズムを感じると、アルカリ性の分泌液となってしまうので、あっさりと淡白なセックスを心がけましょう。
パパには射精までひとりで頑張ってもらいママはお手伝いにまわります。精子を頂きます、という感じで、射精の時だけの挿入をします。なお、排卵日の2日前が最適だそうです。

男の子が希望なら、膣内はアルカリ性にして男の子のY精子が活発になるようにしましょう。このときは、ママも感じても大丈夫、膣内にアルカリ性の分泌液が増えます。そして射精も膣の深い場所で行います。
Y精子の寿命はX精子に比べると短いこともあり、排卵日にセックスするのが最適なので、排卵日をしっかり予想しましょう。

産み分けゼリーの併用

こうしたチャレンジには、膣内の環境を変える「産み分けゼリー」を併用する方法も有効だそうです。このゼリーを挿入して、膣内を酸性もしくはアルカリ性にして、赤ちゃんの性別を決めるパパのX精子、Y精子の動きに影響を与えようというワケです。

このゼリーは日本では2013年ころより発売され、いくつもの種類があります。
一般的に、ピンクゼリーと呼ばれているものが、女の子を出産する確率を高めるゼリーで、グリーンゼリー(ブルーゼリー)は男の子がほしい場合にその確率を高めるゼリーと呼ばれています。

産み分けゼリーの使い方

ママの膣内の酸性、アルカリ性に影響を与える役目をもつ「産み分けゼリー」ですが、病院処方のものと、通販等で買えるものがあり、使い方が異なる場合があります。
例えば、病院処方のゼリーでは、湯煎で溶かしてからシリンジで適量吸い込み膣内に挿入します。
通販などで買えるゼリーは、使い切りタイプの潤滑ゼリーで、袋から容器を取り出してキャップを折り膣内に挿入します。いずれも、5分ほど待ってからセックスをします。
ゼリーの効果時間は、約30分ですが、ゼリーがこぼれないように仰向けに寝ておきましょう。女の子を希望するときはピンクゼリー、男の子ならグリーンゼリーを使います。

排卵日の前に2日続けてゼリーを挿入しても大丈夫、妊娠がしにくくなることはありません。自分で購入したゼリーで数か月チャレンジしても妊娠しない場合は、専門の医師にご相談くださいね。排卵や子宮の検査も出来ますよ。

費用や病院のこと

さて、こうした産み分けへのチャレンジですが、最近ではその専門的な指導を行う病院もあります。ただし、多くの場合は保険適用外となります。その費用の概算をみてみましょう。

血液検査やホルモン量の測定と診療で、おおよそ1回3000~7000円くらい、最初は初診料も加算されます。
ゼリーを使う場合は、1箱10000~18000円ほどです。
希望する性別により、内服薬の処方がある場合には、さらに数千円がかかります。

全国で男女の産み分けの相談やカウンセリング、指導をしている病院がありますが、科学的に最適な方法を行ったとしても100%の確率で希望する性別の赤ちゃんの出産ができるというわけではありませんね。検討される時はしっかり調べてみましょう。

まとめ

 

産み分けの医療技術は進歩していますが、近年のデータをみても、日本ではチャレンジした方の成功の確率は、男の子81~91%女の子70~80%です。アメリカは「産み分けの先進国」でその確率も100%に近いという話もききますが、渡米して出産したいという方もいるそうです。
本来は、性別に付随して起こる重篤な遺伝子疾患をさけることを目的として、こうした出産の技術が行われていたそうです。けれども近年は、希望する性別の赤ちゃんが欲しいということで産み分けをすることが増えているそうです。
また赤ちゃんの性別を選択する方法や考え方には、いろいろな意見があるようですね。

ここでは赤ちゃんの産み分けについて見てきましたが、たとえ希望の性別の赤ちゃんが生まれなかった時でも、赤ちゃんは大事な授かりもので宝物です。大切に慈しんで育てるように、パパとママでしっかりと考えて、良い検討をしてください。

コメント