おしりが痛い!後陣痛はいつまで続く?痛みを和らげる方法は?

 

苦しい出産を乗り越えて無事元気な赤ちゃんと出会い、これでいつもの体調が戻ってくる・・・とほっとしたいところですが、産後しばらくはまだ痛みと闘わなければなりません。

この産後数日間続く子宮の痛みを、「後陣痛」と言います。

後陣痛とは

後陣痛とは、産後に起こる子宮の痛みやおしりが痛くなることです。
ママの子宮はお腹の中の赤ちゃんが大きくなるに伴ってどんどん膨らんでいき、生まれる直前、臨月の際にはもう妊娠前の約5倍の大きさ、その容量は500倍~1000倍にもなると言われています。

産後はこの膨れ上がった子宮を元の大きさに戻さなければなりませんから、子宮は数日間かけて少しずつ収縮し小さくなっていきます。これを「子宮復古」と呼ぶのですが、この子宮復古により子宮が収縮する際に感じる不規則な痛みが、後陣痛というわけです。

また出産後不要になった胎盤が剥がれ落ちる際に子宮内で出血が起こりますが、子宮が収縮することによって子宮の血管断面が圧迫されるため、子宮復古には胎盤剥離後の出血を止めるという役割もあります。このように、子宮復古は産後のママの身体を元の状態に戻し回復させるために必要なものであり、これに伴う後陣痛も1つの生理現象と言えるわけです。

「後陣痛」と名付けられているものの、勿論出産に伴う本当の陣痛ほどの痛みではないことが殆どです。一般によく言われるのは「生理痛のような痛み」で、生理痛も子宮の収縮で起こっていることを考えればそれも当然と言えるかもしれません。
あるいは「針でチクチク刺されるような痛み」「子宮がキュッと締め付けられるような痛み」などと言われることもあります。

また出産直後からずっと痛みがある人もいれば、出産後しばらくしてから痛みを感じるようになる人もいるなど、痛みの感じ方にはかなり個人差があります。

一方「後陣痛がある時て覚悟していたのにほとんど何も感じなかった」「軽くて気にならなかった」という人もいます。逆に痛みがないと「ちゃんと回復しているのかな・・・?」と心配になるママもいますが、これも「個人差」のうちと考えられますから、特に異常を感じなければ心配する必要はないでしょう。
しかし数週間経っても大量の悪露が続いたり塊が出たりする場合には、医師に相談してください。もしかすると子宮復古がうまく進んでいない「子宮復古不全」になっているのかもしれません。

後陣痛はいつまで続く?

 

前述の通り後陣痛は分娩後すぐに起こる人もいれば、しばらくしてから痛み出す人もいますが、いずれにしても2~3日で治まる場合がほどんどです。ただしこれにも個人差があり、人によっては1週間続く場合もあります。限定された期間ですし耐えられないほどの痛みであることは稀なのですが、もし陣痛と変わらないような強い痛みに悩まされるようであれば、専門家に相談しても良いでしょう。あるいは後陣痛が1週間~1ヶ月以上続いているのであれば、これも子宮復古不全の疑いがあるため診察してもらうことをお勧めします。

また、後陣痛は授乳中に痛みが強くなるケースがあります。これは母乳を出すために分泌される「オキシトシン」というホルモンによるもので、オキシトシンには子宮の収縮を促す作用もあるからです。赤ちゃんに母乳を与えることでママの子宮復古も促進される、というシステムになっているんです。痛みを伴いますが、早く体を回復させるためにも赤ちゃんに沢山おっぱいを飲んでもらいましょう。

ケース別後陣痛の特徴

何度も述べている通り後陣痛には個人差がありますが、出産のケースごとに痛みの種類や感じるタイミングなどに一定の傾向がみられます。

経産婦(2人目以降の出産)の場合

経産婦は初産婦と比べて子宮が柔らかいため大きくなりやすく、かつ戻りも早いため、子宮復古のための収縮も強くなりやすいと言われています。このため、2人目以降の後陣痛の方が痛みが強い傾向にあります。

無痛分娩の場合

無痛分娩でも子宮が大きくなっているのは同じですから、これを元の状態に戻すために起こる後陣痛も同じく起こり得ます。後陣痛は「陣痛の痛みに比べれば大したことない」などとよく言われますから、むしろ陣痛の痛みを経験しない無痛分娩の方が後陣痛の痛みを強く感じてしまうかもしれません。

帝王切開の場合

無痛分娩の場合と同じく、帝王切開でも子宮復古は必要ですから、当然後陣痛も起こります。帝王切開の場合手術した部分の傷の痛みもありますし合併症の危険性もあるため、回復にはさらに時間がかかってしまいます。産後の痛みという点では帝王切開の方が辛いでしょう。ただし、術後2日ほど硬膜外麻酔を入れた状態で過ごす場合には、これによって後陣痛の痛みを和らげることができるかもしれません。

多胎妊娠の場合

双子やそれ以上の赤ちゃんを同時に出産する多胎妊娠の場合、それだけ子宮も大きくなっているため子宮収縮の度合いも大きく、痛みも強くなる傾向にあります。これは多胎妊娠でなくても、胎児が大きい場合や羊水量の多い羊水過多症の場合にも同様のことが言えます。

後陣痛を和らげる方法は?

生理痛がひどい場合には薬で和らげることができますが、授乳中でもある後陣痛の場合は果たして安易に薬を飲んでも良いものか、心配になるかもしれません。結論から言うと授乳中でも薬の成分が母乳に入り込む量は非常に少なく赤ちゃんに影響を与えることは殆どないので問題ないのですが、やはり普段と比べれば種類や量、間隔には注意が必要ですから、医師に処方してもらい服用の際の注意点に従う方が良いでしょう。もし医師に薬を処方してもらうほどではないのであれば、以下の方法を試してみてください。

体を温める

体を温めると血行が良くなり痛みが緩和します。特に痛みの元となっている子宮周辺の血行を良くするようにしましょう。腹巻やカイロ、湯たんぽを当てたり、痛みのある部分を優しく撫でさするだけでも摩擦熱によってじんわりと温まって痛みが和らぐことがあります。お腹を冷やさないようにするのは当然のこと、首回りや手首・足首といった「首」部分を温めると全身の冷えを予防できると言われています。お風呂にゆっくり使ったり足湯やハーブティなどの温かい飲み物を飲んだりするのもお勧めです。

下腹部を軽く圧迫する

痛みがあるときに子宮を軽く圧迫すると痛みが和らぐことがあります。枕やクッションなど柔らかいものを下腹部にあててうつ伏せになるなど、子宮を適度に圧迫してみましょう。圧迫加減が難しいのですが、楽になれる色々な姿勢を試してみると良いですね。ただし帝王切開で傷が痛むなどうつ伏せ寝は避けた方が良い場合もあります。また慢性的に痛む場合にさらしを巻いていると楽、という意見もあります。

リラックスする

心身のリラックスも痛みを和らげる効果があります。お風呂やアロマオイルを使ったマッサージなどは、温め効果も期待できるので二重の意味でお勧めですね。好きな音楽を聴いたりアロマの香りをかいだり、自分にとって一番リラックスできる方法を見つけてそのための時間をとりましょう。

まとめ

後陣痛は、体が元の状態に戻ろうと修復中であることの証拠。痛みを感じる時は、「回復中なんだ」と前向きに考えましょう。とは言え痛みのせいでストレスを抱え込むことも厳禁。家族やパートナーにも手伝ってもらって、無理しすぎないよう自分をいたわってあげましょう。子育てを楽しめる、心身ともに元気なママになってください!

 

 

 

コメント