乳児湿疹の原因は?保湿はしたほうがいいの?正しいケア方法

 

乳児湿疹の原因は月齢で違うこと知っていますか?
赤ちゃんの肌は「もちもち。すべすべ。」というイメージだと思いますが、実は大人と比べると薄くデリケートで乾燥や湿疹などお肌のトラブルが起きやすいんです。
多くの赤ちゃんが経験する乳児湿疹。今回は、乳児湿疹の原因やケア方法など紹介していきます。

「乳児湿疹」ってなに?

生後まもなくの赤ちゃんは肌がとても弱くて敏感です。
生後1・2週間くらいから顔を中心に湿疹ができる子も多く見られます。
この赤ちゃんの肌にできた湿疹のことを「乳児湿疹」と呼びます。
乳児湿疹とは、生後6ヶ月くらいまでの赤ちゃんにできた湿疹の総称で、その子によって症状はいろいろあります。
そのためブツブツが出てきた・赤くジュクジュクしてきた・赤みがあるだけなど、症状が違いますが全て「乳児湿疹」と呼ばれること多いです。
乳児湿疹は赤ちゃんのおでこ・ほほなどの顔を中心にできることが多く見られます。

乳児湿疹の月齢別の状態と原因

乳児湿疹は生後6ヶ月くらいまでの赤ちゃんにできるのが特徴の1つです。
しかし6ヶ月までずっと同じ症状というわけではありません。
乳児湿疹は月齢によって症状が変わるのも特徴だと思ってください。

生後まもなくから2・3ヶ月くらいまでの原因

・皮脂分泌が多い
・皮脂のせいで毛穴がつまりやすくなる
・毛穴がつまって皮脂腺に脂がたまる

これらによって、湿疹ができると言われています。
湿疹の状態はニキビのようにポツポツしているものや、皮脂のせいでクリーム色のかさぶた状のものができることが多いです。

生後3ヶ月くらいからの原因

そして生後3ヶ月を過ぎてからの湿疹の場合は乾燥による湿疹ができることがあります。

・皮脂分泌量が減ることで乾燥しがちになる
・皮脂が少なくなるから乾燥しやすくなり赤くカサカサしやすい
・皮脂バリアが少なくなる分少しの刺激で湿疹ができやすくなる

これらの原因が挙げられます。
生後3ヶ月をすぎると、赤ちゃんは皮膚が薄いうえに皮脂が少なくなるため、乾燥で湿疹ができやすくなるというわけです。
ホコリや汚れなど少しの刺激で湿疹ができやすくなるというのが原因と言われています。

母乳や食べた物が原因?

 

赤ちゃんの湿疹は母乳やお母さんが食べたものが原因かも。と言ったことを聞くことがあるかもしれません。
確かにそういう記事をネットで見ることがありますが、はっきりと母乳やお母さんの食べたものが原因とはわかっていないので心配しすぎない方がいいです。
母乳を飲んだ後に湿疹がでやすいならば、乳児湿疹ではなく「食物アレルギー」の湿疹かもしれません。
お母さんが食べたものの成分が母乳に出て、それを飲んだ赤ちゃんに湿疹ができるというわけです。
そのため、お母さんが特定の物を食べたあとに母乳をあげて、それで湿疹ができたら「食物アレルギー」の可能性も考えておきましょう。

乳児湿疹の赤ちゃんのケア方法

乳児湿疹ができやすい赤ちゃんは、まずは肌を清潔に保つことが1番です。
清潔に保つポイントは

・汚れをこまめに拭き取る
・お風呂は毎日入って汚れを落とす
・保湿をしっかりする

の3つを抑えておきましょう。

汚れをこまめに拭き取る

生後6ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、母乳やミルクをよく吐きます。
そのため吐いた母乳やミルクが肌についたままだと、それが刺激になって湿疹ができやすいです。
よだれもでやすいので、特に口回りは清潔なガーゼでこまめに拭いてあげましょう。
ガーゼはすぐに汚れるので、20~30枚あるといいです。
また、赤ちゃんは暑がりなので、汗をかいたらすぐに拭いたりできるだけ薄着にしてあげるといいでしょう。
背中に汗疹などの湿疹ができやすい子は、背中にいれるガーゼも売っています。
背中にあらかじめガーゼを挟んでおいて、汗をかいたらそれを抜くだけで簡単です。
ねんね期の3ヶ月くらいまでは、このようなガーゼを持っておくと便利でしょう。

お風呂は毎日入って汚れを落とす

赤ちゃんは暑がりで汗をかきやすいので、夏はもちろん冬でも毎日お風呂に入りましょう。
赤ちゃん専用のボディーソープをよく泡立てて、優しく手でなでるように洗うだけで十分です。
湿疹ができているところはゴシゴシとはせずに、あまり力を入れずにささっと洗うようにしましょう。
石鹸が残っているとそこがまた湿疹の原因になるので、しっかり洗い流してください。

保湿をしっかりとする

お風呂上りは保湿をしっかりとしてください。
市販の赤ちゃんが使える保湿剤でいいので、お風呂上りはすばやく保湿剤を塗りましょう。
もしできるならば、朝起きて着替えるときにも塗ってあげてください。

うちの子皮脂が多いから保湿はしなくてもいい?

皮脂が多い赤ちゃんには、保湿はしない方がいいかもしれないと思う方もいるでしょう。
確かに皮脂でベタつき気味な肌に、さらに保湿剤を塗ったら余計ベタベタしそうと思うのは当たり前です。
しかし、皮脂が多い赤ちゃんにもしっかりと保湿をしてあげてください。
大人でもオイリー肌の人は化粧水や乳液を使わなくても良い、とは言われません。
同じように、皮脂が多い赤ちゃんにも保湿剤を使った方がいいです。
保湿剤をしっかりと塗って肌の油分と水分を良いバランスにしてあげましょう。
そうすればだんだん皮脂が減ってきて、皮脂のつまりなどが原因の湿疹が少なくなってきます。
毎日お風呂に入って清潔な肌にして、そこに保湿剤を塗ってあげることが乳児湿疹の正しいケアの方法です。
乾燥肌の赤ちゃんの場合も基本的なケア方法は同じで、清潔にして保湿をしっかりしてあげましょう。
保湿剤は赤ちゃんのデリケートなお肌を、ホコリやゴミなどの刺激から守るバリアにもなってくれます。

素人判断は危険!早めに小児科や皮膚科へ行きましょう

 

赤ちゃんに湿疹ができたら、早めにかかりつけの小児科か皮膚科を受診してください。
生後6ヶ月くらいまでの赤ちゃんに湿疹ができることは多いですし、乳児湿疹と診断されることも多いです。
ただし似たような症状に「アトピー性皮膚炎」「食物アレルギーが原因の湿疹」の場合もあります。
どちらも生後まもなくではなかなか判断がしにくいですが、1歳前くらいになれば血液検査やパッチテストなどで診断も可能です。
なかなか湿疹が治らない、身体全体に湿疹があるという場合には、素人判断はやめて受診をしてください。
また赤ちゃんの症状によっては、石鹸を使わない方がいい子もいます。
同じ症状でも医師によって考え方が変わり、保湿剤の種類が変わったり薬の種類も変わることもあるのです。
そのため、もし受診してしばらくしても症状が変わらない場合には、病院を変えるのもいいでしょう。医師とも相性がありますし、病院を変えて症状がよくなることもあります。
小児科を受診しても変わらないならば、皮膚科へ変えてみてもいいでしょう。
「餅は餅屋」というように、皮膚のことは皮膚科へ相談すると改善する子もいます。
皮膚科を受診する場合は、前もって電話で問い合わせしてから来院してください。
中には赤ちゃんの診察はお断りする皮膚科もあるので、赤ちゃんの月齢を伝えて受診可能か聞いてみましょう。病院の指示にはしたがって薬はきちんと使ってください。
乳児湿疹がひどい場合は、病院を受診するとステロイドの塗り薬を出されることがあります。
ステロイドと聞くと、あんまり使わない方がよさそうと思って、自己判断で使わないお母さんもいるでしょう。でもそれは大きな間違いです。
病院で出された薬はきちんと使ってください。
ステロイドは火消しの役割を持っているので、湿疹ができている場所に塗れば湿疹を落ち着かせてくれます。怖いことは全くなくて、用法容量を守っていれば大丈夫です。
赤ちゃんに出すステロイドは、弱めのものをちゃんと医師が選んで処方してくれます。
素人の自己判断の方が危険なので、処方された薬はステロイドでもなんでも医師の指示に従って使ってください。
それが湿疹をきれいにする一番の近道です。

コメント