妊娠初期、中期、後期。不正出血の原因は?

 

新しい命をお腹の中に宿している妊娠中は、体調が普段と全く異なるためトラブルも起こしやすいものです。中でも特に心配になるのが、不正出血。「不正出血」と聞くと「流産」をイメージしてしまうためか、出血が見られた場合に非常に不安になる人が多いです。

不正出血とは

そもそも不正出血とは、生理以外の原因で起こる性器からの出血のことです。健康な女性であれば、生理周期に合わせて体は子宮内膜を厚くし妊娠に備えますが、妊娠が成立しなかった場合にこれが不要となるため、剥がれ落ちて血液と共に性器から排出されます。これが生理の正体。一方妊娠が成立すれば子宮内膜が必要となるため剥がれ落ちることはない、つまり生理が止まるというわけです。従って、妊娠中に性器からの出血があれば、それはイコール不正出血、ということになります。

妊娠初期の不正出血

妊娠4ヶ月未満の妊娠初期に起こる不正出血の中には、生理現象の1つであったり軽い炎症が原因だったりと、それほど心配する必要のないものもあれば、流産や他の病気が原因となっている非常に注意を要するものもあります。

着床出血

妊娠調初期に起こる生理現象としての出血が、着床出血です。その名の通り受精卵が子宮内に着床する際に子宮内から少量の出血が見られることで、生理の時と比べて量は少なく、2~3日で治まるのが特徴です。これはホルモンバランスによるもので、着床出血が見られる人もいれば、そうでない人もいます。

内診やセックスによる出血

内診やセックスによる刺激で膣内から出血することがあります。

子宮膣部びらん

子宮と膣の境目あたりが炎症を起こしていると、ちょっとした刺激で出血することがあります。とは言え痛みもなく血も少量なので、自覚のない人も少なくありません。妊娠中に限らず不正出血の原因として多く見られる状態です。

絨毛膜下血腫

「絨毛膜」とは着床した受精卵が胎盤を作るために子宮内膜へと伸ばして作る組織で、その過程において子宮内膜の血管を破ってしまうと出血し、膜の外側に血液が溜まってしまいます。これが「絨毛膜下血腫」で、出血と共に痛みを感じることもありますが、そういった自覚症状となるものが現れないこともあります。症状が軽ければ自然に血腫が子宮内に吸収され、胎盤が完成する4~5ヶ月には治るのですが、重篤であれば切迫流産や流産に繋がる危険性があります。

切迫流産

妊娠初期にお腹の張りや下腹部痛、不正出血が起こり流産のような症状を見せることを「切迫流産」と呼びますが、実際に流産しているわけではなくそれに近い状態になっているだけで、安静にしていれば症状が治まり無事出産に至ることも少なくありません。

胞状奇胎

胎盤の元となる絨毛が染色体異常により異常に増殖した状態で、ブドウのように水泡状の粒が子宮内を覆ってしまいます。こうなると水泡状の粒が胎児も吸収してしまい、妊娠継続は不可能となります。症状としては少量の出血や茶色のおりもの、つわりがひどい、といったことが挙げられます。胞状奇胎と診断されたなら、なるべく早く除去手術を行わなければなりません。

子宮外妊娠

受精卵が子宮以外のところで着床してしまうと、赤ちゃんは成長していくことができません。子宮外妊娠と診断されたなら残念ながら赤ちゃんはあきらめるしかないでしょう。子宮外妊娠の殆どは卵管に着床しており、放っておくと卵管が破裂して大量出血や血圧低下、激痛などを引き起こし危険です。

早期流産

その名の通り、残念ながら妊娠初期の段階で流産してしまうことです。妊娠初期の流産は殆どの場合受精卵の染色体異常によるもので、ママの側に責任はありません。出血や下腹部の痛み、張りなどが主な症状で、子宮内の組織が全て流れていればそのまま手術しないこともありますが、胎児や胎盤などが残っているようであれば除去手術を行います。

妊娠中期の不正出血

胎盤が完成し初期の頃と比べると流産のリスクがグッと少なくなるのが「安定期」とも呼ばれる妊娠中期で、妊娠4~7ヶ月頃を言います。もし妊娠初期に見られた子宮膣部びらんや子宮頚管ポリープが続いているなら、中期になってもやはり内診やセックスなどの刺激で不正出血が見られることがあるでしょう。また妊娠中は便秘になりやすいため、硬い便を出そうとして裂肛(切れ痔)になってしまい出血する可能性もあります。こういった原因による出血はそれほど心配する必要のないものですが、中には重大なトラブルが原因で不正出血を起こしていることもあるため、注意が必要です。

前置胎盤

胎盤が子宮口に近い場所に出来てしまうことを「前置胎盤」と言います。特に胎盤が子宮口を塞いでしまっていると出血が見られ、胎盤の位置次第では妊娠を継続できなくなることもあります。しかし前置胎盤と診断されても安静にしていれば多くの場合無事に元気な赤ちゃんを産むことができるので、過度に心配する必要はありません。落ち着いて医師の指示に従いましょう。

常位胎盤早期剥離

まだお腹の中に赤ちゃんがいるのに、胎盤が子宮の壁から剥がれてしまうことで、こうなると赤ちゃんに酸素や栄養素を送ることができなくなってしまいます。常位胎盤早期剥離になると、下腹部への激痛や硬化、不正出血などの症状が見られます。

早産・切迫早産

妊娠糖尿病などの合併症や子宮内での細菌感染、ストレスやタバコなどの悪習慣が原因で妊娠22~37週未満に出産することを「早産」と言い、早産になる手前の状態が「切迫早産」です。お腹の張りや痛み、不正出血、破水といった症状を伴うため、病院へ駈け込んで診断してもらい、できるだけ妊娠週数を延ばして早産を防ぐ処置をとるのが一般的です。

妊娠後期の不正出血

妊娠8ヶ月以降の妊娠後期も、中期と同様常位胎盤早期剥離や切迫早産、早産などが原因で不正出血を起こす可能性があります。また後期になると更に血液量が増え粘膜も柔らかくなるため、妊娠初期や中期では問題なかった人でも内診によるちょっとした刺激で出血を起こすことがあります。

おしるし

妊娠後期特有の出血の原因として挙げられるのが「おしるし」で、これは子宮の入り口が開いて卵膜という胎児を覆う組織が子宮の壁から剥がれ落ちることで起こる出血です。これが見られたなら出産が近い印なので「おしるし」と呼ばれるわけですが、全ての人に起こるわけではありませんし、出血もおりものに少量まざるだけのわずかなものである場合がほとんどです。またおしるしが見られてから陣痛までの期間も人それぞれで、すぐに分娩というわけではありません。とは言え大体1週間以内に陣痛が始まることが多いので、おしるしが見られたなら出産の準備を整えておきましょう。

まとめ

このように妊娠中の不正出血は、生理現象であったり母体や胎児には特に問題のない軽微なことが原因であったりする場合もあれば、流産や早産、またそれに繋がる疾患が原因である場合もあり、一概に危険とも心配ないとも言えません。

基本的に膣や子宮頚管からの出血であれば危険度は下がりますが、どこから出血しているのかをママ自身が判断することは不可能ですから、やはり出血が見られれば例え少量でも医師に診てもらう必要があります。また診察時には出血の量や色、お腹の張りやいつ気づいたかなども医師に伝えておくと、原因を特定しやすくなります。いずれにしても焦らずに冷静に対処し、元気な赤ちゃんを産みましょう。

コメント