赤ちゃんが離乳食を食べないのはなぜ?対処法はないの?

 

「もう離乳食を食べてくれないといけない時期なのに、全然食べてくれない」「今まで食べていた離乳食を突然嫌がるようになった」等々、赤ちゃんが離乳食を食べてくれないことで不安を抱えるママさんは少なくありません。まだその理由を自分の口で説明できない赤ちゃんを前に、途方にくれてしまうかもしれません。そこでここでは、赤ちゃんが離乳食を嫌がる理由や解決法を探っていきたいと思います。

離乳食はいつから?

そもそも生まれてから今までずっとミルクだけで栄養を摂ってきた赤ちゃんが、離乳食に移行する適切な時期とはいつなのでしょうか。勿論多少の個人差はありますが、大抵の場合首がすわり手で支えてあげれば自分で座れるようになる生後5~6ヶ月が、離乳食をスタートさせる時期と言われています。離乳食を食べる姿勢が取れるようになった頃、というわけですね。この時期になったなら、まずは赤ちゃん用スプーンを赤ちゃんの口に軽く入れてみて、すぐに舌で押し出さないようであれば赤ちゃんの哺乳反射(おっぱいを吸うための反射)が弱くなって離乳時期に入ったと判断できます。とは言え赤ちゃんにとっては初めてミルク以外のものを食べさせられる瞬間。最初の離乳食は、赤ちゃんの体調や機嫌の良い時を選んであげましょう。

赤ちゃんが離乳食を食べない理由

 

ところが冒頭で触れた通り、ママがどれだけ心を砕いて離乳食をあげようとしても、親の心子知らず。全然食べてくれないことがあります。これには様々な理由が考えられるのですが、赤ちゃんの成長過程、つまり月齢によって理由が異なる場合もあります。

生後5〜6ヶ月

まずは離乳食が始まったばかりの生後5~6ヶ月の赤ちゃん。この頃は慣れないものを口に入れられる不快感や違和感が原因で嫌がっている可能性が高いでしょう。何といってもついさっきまでミルクしか飲まない生活だったのですから、ほぼ液状の離乳食とは言え固形物を飲み込むのには違和感を感じます。それ以前に冷たく固い金属のスプーンが口の中に入ってくることからして不快に感じても不思議はありません。また今までミルクの味しか知らなかった赤ちゃんにとって、離乳食は刺激の強い味。大人にとっては薄味に感じるものでも、赤ちゃんにとっては辛すぎる・酸っぱすぎる味なのです。

生後7〜8ヶ月

多少離乳食に慣れてくる7~8ヶ月頃でも、まだ主要な栄養源はミルクですから離乳食よりミルクを飲みたがることがありますし、離乳食用のスプーンや食器にいまだに慣れず嫌がることがあります。最初は食べていたのにある時点から嫌がるようになる場合には、離乳食の味に飽きてしまったということも考えられるでしょう。バリエーションを持たせているつもりでも、市販の離乳食の味はどれも似たり寄ったりになってしまうため、赤ちゃんも飽きてしまうことがあるのです。

生後9〜10ヶ月

9~10か月ごろになると赤ちゃんもある程度の硬いものでも食べられるようになり、また喜んで離乳食を食べるようになる時期でもあるのですが、どの程度の硬さ、大きさ、形であれば赤ちゃんにとって食べやすいか、ママも手探り状態であるため、時に赤ちゃんにとって食べにくい離乳食になってしまい嫌がったり飲み込まないで口から出してしまったりすることがあります。またこの頃になると赤ちゃんに自我が生まれてくるため、スプーンで食べるのが嫌、食べるより遊びたい、遊びながら食べると叱られるのでそれが嫌、などといった理由からも離乳食を食べなくなることがあります。

1歳頃

更に1歳になると意思表示が更に強くなり、離乳食に使われている食材が好みに合わない・飽きてしまった、更には同じ食器、同じ見た目の食事に飽きてしまった、ということもあり得ます。また手づかみで食べたい、あるいはスプーンで食べるにしても自分で持って食べたいために、ママから食べさせてもらうのを嫌がる子もいます。お気に入りのおもちゃが視界に入るとそちらに気が取られて食事ができない、というケースも多く見られます。

離乳食を食べない時の解決法

 

先ほど赤ちゃんの離乳時期は生後5~6ヶ月と述べましたが、だからといってその時期が来たからと慌てて離乳食を食べさせる必要はありません。赤ちゃんにも個人差がありますから、どうしても離乳食を嫌がるようであればもう少し待ってみましょう。1歳まではミルクを主な栄養源とすることができるため、離乳食を食べなくても栄養不足になる心配はありません。

食べさせ方を工夫してみる

もし赤ちゃんが金属のスプーンの触感を嫌がっているようであれば、最初は木製などの他の材質のスプーンを使ってみることもできます。あるいはよく洗って清潔にしたママの指先であげても良いですね。椅子に座って食べることに抵抗がある子の場合なら、最初のうちはママが抱っこした状態で食べさせてみると良いかもしれません。

調理方法をみなおしてみる

離乳食の調理方法も見直してみましょう。通常離乳食は月齢と共に液体状の物から固形物へと移行しますが、どの段階でどの程度の硬さのものをあげると食べてくれるかは赤ちゃんによって様々です。

そろそろかな?とちょっと前より硬めのものをあげたら食べてくれなかった、というのであれば、まだ早かったと判断して前の硬さに戻してあげると良いでしょう。形や大きさも同様で、大きすぎて噛むことができず吐き出してしまうこともあれば、逆に上手に噛んで食べられるようになった頃に小さくカットしすぎて食べにくくなってしまった、ということもあります。

赤ちゃんに合った大きさや形を模索して工夫すれば、同じ食材でも食べてくれるようになることも珍しくありません。同じような味付けで赤ちゃんが飽きてしまったと考えられるなら、市販の離乳食ではなくママの手作りでバリエーションを持たせましょう。

7ヶ月くらいからは味付けの幅を広げることができるので、ケチャップやマヨネーズなどを使ってみることができます。バリエーションを持たせるという点では、味だけでなく食器も変えてみると良いでしょう。いつもと違う食器を使うと見た目が変わり好奇心や食欲が湧く、ということもあります。

離乳食を好きにさせる工夫

 

味や食感を赤ちゃんの好みに合わせることも離乳食を好きにさせるポイントですが、何よりその時間が楽しいものと感じられるようにすることが大切です。大人だって、同じ食事でも独りで食べるのと家族や友達とワイワイ食べるのとでは美味しさが違いますよね。赤ちゃんだって同じ。パパやママ、家族みんなで食事をする方が楽しく美味しいに決まっています。家族みんなで食事の時間を合わせるのは大変かもしれませんが、できるだけ一緒に食べるようにしましょう。逆に独りで食べていると食事に集中できずおもちゃで遊びたがるなどしてなかなか食事が進みません。

まとめ

赤ちゃんがなかなか離乳食を食べてくれないと焦ったり不安になったりするのも無理ないことですが、前述の通り赤ちゃんは1歳ころまではミルクで栄養を補給することができるため、栄養不足になるのでは…と焦る必要はありません。ママが離乳食をあげるのにストレスを感じていれば、それは赤ちゃんにも伝わって益々離乳食が嫌いになってしまいます。離乳食に限らず、食事は楽しく摂るのが一番。それに1歳を過ぎてもずっと離乳食を食べない赤ちゃんはいませんから、「食べてくれないなら今日は離乳食をお休みしても良いかな」というくらいの気持ちで焦らずゆっくり、赤ちゃんの様子を見ながら離乳食を進めていきましょう。

コメント