激しい人見知りや場所見知りはいつまで続く?原因や対処法は?

 

子供の人見知りや場所見知りが激しくて人と会うことや外出することが嫌になっていませんか?

でも人見知りや場所見知りが激しいからといって、ずっと避けていてはいけませんよね。

この記事では人見知りはいつからいつまで続くのか、原因や対処法を紹介します。

赤ちゃんも人見知りをする

天使のよう、と表現されることもある赤ちゃんですが、全ての赤ちゃんが誰に対しても笑顔を振りまくわけではありません。中には人見知りをして、お母さん以外に抱っこされることをいやがる赤ちゃんもいます。
中には「赤ちゃんなら人の区別がつかないでしょう?」と考えている人もいますが、生後6ヶ月から7ヶ月頃の赤ちゃんの中には人見知りを発揮する子が多く、早ければ生後3ヶ月で人見知りが始まることもあります。

また、7ヶ月を過ぎても人見知りする様子がなかったので安心していたのに、1歳を過ぎた頃になって突然人見知りになってしまうという子もいます。

今まで人慣れしていた赤ちゃんが突然人見知りを発揮するとお母さんはあせってしまいますが、これも個人差や個性のうちなので、人見知りが始まる時期はそれほど気にしなくても良いでしょう。

人見知り一時的なものであることが多い

赤ちゃんの頃に人見知りが始まると、引っ込み思案でコミュニケーションがあまり上手くない子に育つのではないかと不安に思うお母さんもいらっしゃるでしょうが、赤ちゃんの人見知りは一時的なものの場合も多いです。では、一時的なものである場合いつまで人見知りをしているのでしょうか。

一時的な人見知りであれば、大抵は2歳から3歳頃に終わります。これはどのタイミングで人見知りが始まったのかによって変わるので、実際にはもう少し早かったり遅かったりする場合もありますが、成長と共に収まるというケースが多いです。

とはいえ、何をもって人見知りが終わったというかが明確に定義づけされているわけではありません。家族以外の存在に過剰に反応して泣いていた子が他人を見て泣かなくなった、他の大人に抱っこされてもぐずらない、他人に積極的に近付くようになったなど、「人見知りの終わり」の基準は赤ちゃんやお母さんによって違うため、具体的に「こうなったらもう大丈夫」と言えるものでもないのです。

人見知り自体はどの赤ちゃんにも起こり得るものなので、お母さんもあまりカリカリせず、個性の一つとして見守りましょう。

人見知りの原因は?

 

では、次は赤ちゃんがなぜ人見知りをするのか、その原因について解説していきます。

・「家族」と「他人」の区別がつくようになった。

・ 他人に対して不安を覚える。

・「人」ではなく、「場所」を怖がる。

赤ちゃんが人見知りをする最も大きな原因は、やはり「人の見分けがつくようになった」からでしょう。もちろん、全ての人を記憶し、理解しているわけではありません。

しかし、いつも一緒にいて自分のお世話をしてくれるお母さんやお父さんと、それ以外の他人の区別はつくようになっているので、「この人はママ(パパ)じゃない」と理解し、ぐずりだします。

基本的には日中お世話をしてくれることが多いお母さんのことを強く信頼するため、例えば単身赴任中のお父さんにも以前は気持ち良さそうにだっこされていたのに、久し振りに会ったらギャンギャン泣かれるようになってしまう、なんてことも有り得るのです。

また、人見知りがあらわれると同時に、お母さん・お父さんと離れることを不安に思い泣き出す赤ちゃんも多いです。お母さんやお父さんがそばにいるという安心感が失われると不安で泣き出してしまうため、毎朝保育園に預ける時に泣かれてしまうということもあるでしょう。

人見知りをするからといって、お母さん・お父さん以外の人を極端に嫌っているかといえば、そうとも限らない場合も多いです。人の区別がある程度つくようになったからこそ、お母さん・お父さん以外の人にも興味津々。しかし、やはりまだ赤ちゃんなので不安な気持ちも強く、その結果泣き出したりぐずったりしてしまい、人見知りとしてあらわれてしまうのです。

「人」以外の原因があることも

自宅にいる時はそこまで強く人見知りを発揮せず、お客さんにだっこされることもあるのに、外出先では人見知りを発揮して泣き出してしまう。そんな赤ちゃんは、実は「人見知り」ではなく「場所見知り」の可能性があります。場所見知りとは、慣れない場所や初めていく場所に対して泣き出したり逃げだそうとしてしまったりすることを指しており、人見知りをしない子供でも場所見知りはする場合があります。

では、場所見知りの原因は何なのでしょうか。場所見知りになる原因は様々で、子供によって違います。例えば臆病であったり、慎重な性格の子供なら、初めての場所に不安や寂しさを覚えてしまうでしょう。これだけでも子供にとってはストレスですが、そんな状況でお母さんが自分の相手をさらに心細さを感じてしまいます。

小さな子供にとって、頼れるのはお母さんだけ。しかしそのお母さんが自分になかなか意識を向けてくれないとなれば、泣き出してしまうのも仕方がありません。場所見知りをする子供を初めていくところへ連れていく場合は、子供が心細くならないようお母さんも気を付けあげなければなりません。

また、騒がしい場所に戸惑う子供も多いです。特に、普段家で過ごすことが多い環境にある場合の子供が聞くのは家族の声や、テレビをはじめとする家電の音くらいなので、慣れない騒がしさや人混み、初めて聞く音などにびっくりしてしまい場所見知りをしてしまうのです。また、人見知りをせず外出に慣れている子供でも、休日のショッピングモールやゲームセンターのような賑やかすぎる場所にいくと場所見知りを起こす可能性があります。

人見知りをする子供の対処法

人見知りが自然とおさまる子供は多いですが、その間ずっと外出しない・人に会わせないというわけにもいきません。では、人見知りをする子供には一体どのような接し方をしたら良いのでしょうか。

一番は、時間をかけて子供に慣れてもらうことです。一度人見知りが始まるとしばらくはおさまらないため、あせりは禁物。すぐに直す方法はないため、時間をかけて慣れさせるのが一番です。もし人見知りをする子供を初めての人に会わせる場合は、すぐに近付けるのではなく、最初は一定の距離を保っておくと良いでしょう。子供がその人を観察する時間を設けるのです。

また、人見知りをしてぐずる子供に対してお母さんが感情に反応しないことも重要です。子供が泣き出すと、お母さんはつい「どうしたの?」、「何で泣いているの?」、「恐かったね、ごめんね」と声をかけて、過剰に反応してしまいがちです。

お母さんは泣き出した我が子をあやすためにそんな風に声をかけているわけですが、実はこのようなお母さんの反応が逆効果になってしまうケースもあります。お子さんが心配な気持ちは十分に理解できますが、ぐずりだした子供には優しく語り掛けるに留め、あまり大袈裟に反応しないようにしましょう。

子供の人見知りに対応する場合は、ぐずっている子供だけでなくお母さん自身の気持ちも大事です。子供は大人が思っているよりもずっと鋭く周囲の雰囲気や大人の気持ちを察することができます。それが毎日一緒にいる大好きなお母さんならなおさらで、お母さん自身がオロオロしてると、子供もつられて不安を覚えてしまいます

子供を不安にさせてしまわないためにも、お母さん自身がリラックスをして、優しい声で語り掛けるようにしましょう。子供が特定の人に対して人見知りをしている場合は、その人と穏やかに会話をし、子供に「この人は良い人だよ」、「危ないことはないよ」と教えてあげると良いです。

コメント