小学生同士のトラブル!どのような謝り方が必要??

 

小学生は友達同士のトラブルが少なくありません。

もし小学生同士でトラブルが発生した場合は、親や現場の先生が話しを聞く必要があります。

もし自分の子どもに非があった場合、相手の子にどのような謝り方が必要なのでしょうか。

今回は、小学生同士のトラブルが起きたときに、どのような謝り方が必要なのかについてご紹介します。

小学生のトラブルを知ったらすぐに子どもに確認する

小学校の先生や、自分の子ども友達など、自分の子どもがトラブルに巻き込まれた話しは色々なところから入ってくるものです。

もしトラブルが起きていることを知った場合は、すぐに自分の子どもに事実を確認しましょう。

事実確認をするときは、親が子ども話しやすい環境をつくる必要がありますので、責め立てるように話しをするのではなく、寄り添う形で話しを聞いてあげてください。

ましてや自分の子どもが加害者である場合は、自分の口から事実を話すのは難しいですので、子どもがイエス・ノーで答えられる質問を投げかけながら、事実を確認するのもいいでしょう。

自分の子どもが加害者の場合

もし加害者であることが分かったとしても、そこで叱責するのではなく、親が感情をコントロールしながら「なぜそんなことをしたの?」と寄り添うようにしてください。

最後まで話しを聞かずに叱責してしまうと、子どもはそれ以上話しをしなくなりますし、子どもをさらに追い詰めることになってしまいます。

自分の子どもが加害者であっても、子どもにとってきちんと話しを聞いてくれるのは親しかいませんので、あなたは親として冷静に子どもの話しを聞きましょう。

子どもの話しをすべて聞くことができれば、次は親が子どもに諭します。

どんな状況であっても相手に手を出してはいけませんし、もし他の子とトラブルになったとしても感情的になって手を出してはいけなくて、きちんと話し合いをして解決しなければいけないということを教える必要があるのです。

この部分を、時間をかけて子どもに伝えていくことが非常に重要になります。

子どもが被害者の場合

自分の子どもが被害者の場合、「なぜうちの子がやられないといけないの?」とイライラが募ります。

親がイライラするのは十分察知できますが、親がイライラしていては子どもから事実や気持ちを聞けなくなってしまいますので、ここは親が冷静にならなければいけないところです。

子どもが小学生ですと、ある程度のトラブルの因果関係を自分で話すことができます。

話しが断片的にならないように、1つずつ質問をしていくなどの工夫を凝らしながら、事実関係を把握していく必要があるのです。

子どもが被害者の場合、心に深い傷を負ってなかなか自分から話し出せない子もいますので、親はすぐに解決を図ったり、事実関係を確認しようとせず、時間をかけて子ども話しを聞いてあげてください。

小学生同士のトラブルで相手への謝り方とは??

小学生同士がトラブルを起こし、自分の子どもが加害者である場合、相手への謝り方はどうすればいいのかをまとめました。

電話で謝罪

自分の子どもが相手の小学生にケガをさせたのであれば、まずは電話で相手に謝罪する必要があります。

誠意をもった対応をすることで、相手方にもあなたの思いは伝わるはずです。

相手方のケガの程度が重いようであれば、相手方宅へ伺わせていただき、直接謝罪したいという旨を相手方にお願いするといいでしょう。

相手方への訪問

相手方へ訪問するときは、相手方の予定に合わせてお伺いすることをおすすめします。

手ぶらでお伺いするよりかは、菓子折り1つをもって伺うことで相手方の見方も変わるものです。

家族で食べられる焼き菓子などをスーパーのサービスコーナーや、百貨店で購入するといいでしょう。

コンビニで購入できるような簡単な菓子折りは控えてください。

お伺いしたときに、可能であればケガの程度を見させてもらい、相手方の子どもにも直接謝るのも1つでしょう。

訪問するときは、自分の子どもも一緒に連れていき、親と一緒に謝ると相手方に気持ちが伝わります。

親としての誠意をみせる

相手方へ謝罪に行くときに、簡単にこれからの子育ての方法について伝えるのもいいでしょう。

被害者の親は「普段どういった教育をされているのですか?」と少なからず思っているはず。

謝罪することはもちろんですが、子育ての方針を伝えることで、相手方により誠意が伝わります。

謝罪後も相手方への気遣いを忘れない

謝罪をして数日経ってから、相手方の小学生のケガの様子を聞くために再度電話しましょう。

もしケガの治りが遅いようであれば治療費のことも考えなえればいけません。

治療費が発生した場合は、治療費や薬代の領収書の提示もお願いする必要があります。

このように謝罪後も相手方への気遣いを忘れないことで、相手方に誠意が伝わります。

自分自身で「これ以上連絡したらしつこいと思われるのでは…」と思うほど相手方を気遣う気持ちが大切です。

相手方がしつこいと思ったのであれば「もうケガも治ってきていますし連絡してこなくても大丈夫ですよ」と言ってくるでしょう。

小学生同士のトラブルで自分の子どもに伝えなければならないこと

 

小学生同士で遊んでいるときに、じゃれ合いからトラブルに発展するのはよくある話しです。

親目線でも、小学生同士が遊んでいるときに、じゃれ合っているだけなのか、それともトラブルになっているのかは判断しにくいものでしょう。

もし小学生同士でトラブルが発生した場合、とくに自分の子どもが相手にケガをさせるような行為に及んだ場合は、親が子どもとしっかり向き合う必要があります。

子どもには「人に暴力をふるってはいけない」ということをしっかりと理解させ、トラブルが起きたときは相手と話しをして解決することを教えなければいけません。

もちろん自分の子どもは小学生ですから、理解させるのには時間がかかることを親が分かっている必要があります。

子どもが理解するのに時間がかかっているからといって、親が子どもに暴力をふるって教え込むようなことは絶対にやってはいけません。

親は小学生の子どもとしっかりと向き合い、じっくりと子どもと話しをして親と子どもが信頼関係を築き上げることで、暴力をふるわない子どもに育ちます。

子どもが小学生の間に「暴力はいけないこと」ということを理解させておくことで、中学生・高校生のような思春期に入ったとしても暴力をふるわない子になる可能性は極めて高くなるのです。

まとめ

今回は、小学生同士のトラブルが起きたときに、どのような謝り方が必要なのかについてご紹介しました。

小学生同士で遊んでいるときに、遊びやじゃれ合いからトラブルに発展することはよくあることです。

トラブルの中でも自分の子どもが他の子に暴力をふるい、相手にケガをさせてしまう可能性もゼロではないでしょう。

もし相手にケガをさせてしまった場合は、自分の子どもだけが謝りにいくのではなく、親であるあなたも一緒に相手方に謝罪する必要があります。

謝罪は電話または直接謝罪しにいくなど、相手方に誠意が伝わる形でなければ意味がありません。

もし自分の子どもが暴力をふるった場合は、時間をかけて「暴力はいけないこと」だと伝えてください。

今回の記事を参考に、小学生同士のトラブルが起きたときの流れを確認していただければ幸いです。

コメント