スキンケアの基本にしてスタート。洗顔について考えた。

スキンケアと聞いていろんなことが思い浮かびますよね。

化粧水だとか乳液だとかクリームだとか、あとはマッサージに食事療法に、睡眠が大事だとか他にもスキンケアでネット検索すればたくさんの記事が見つかります。

でも、スキンケアのスタートって洗顔なんですよね。

これはそこから毎日のスキンケアが始まるという意味でもありますし、スキンケアの歴史はそこから始まったという意味でもあるんですけど、実はこれがスキンケアの基本。

ちゃんと洗えているのか。

そこが大事になるんです。

クレンジングと洗顔はどっちが大事?

 

化粧を落とすクレンジング、そして洗顔。

当たり前にやっていることですが、その役割と重要性を考えてみましょう。

クレンジングは効果が高い

クレンジングは、汚れではなくメイクを落とすものです。

そして言うまでもないことですが、人間の皮膚についている皮脂やほこり、古い角質というのはメイクに比べると簡単に落ちるものなんですね。

というのも、メイクは落ちにくいを事を前提に作られているんですから。

ですから、クレンジングの洗浄力は洗顔剤よりも高く、界面活性剤などの化学薬品がより多く含まれていることがあります。

ついているものを落とす効果という点では、クレンジングの方が強いんですね。

効果が高いということはお肌には刺激物

しかし、効果が高いということは肌には強い刺激になるということでもあります。

メイクをしっかりとってしまわないと肌によくないと思って、クレンジングを使ってじっくりしっかり洗うようなことをしたら、逆にクレンジングで肌を痛めてしまうこともあるんですね。

ですから、クレンジングというのはできるだけ短い時間でさっとメイクを落とすくらいにしておきましょう。

メイクは、表面が一番落ちにくくなっていますので、表面的なものだけクレンジングで落としてしまえば洗顔剤で十分間に合います。

クレンジングは手早くが鉄則。

クレンジングより洗顔に時間をかけよう

というわけで、クレンジングと洗顔なら圧倒的に洗顔を重視した方が良いのです。

クレンジングで表面的なメイクを落としてしまったら、洗顔剤を使ってしっかりと時間をかけて洗顔をした方が肌には圧倒的に良い効果をもたらします。

洗顔剤は、肌をしっかり洗うことを前提に作られていますので、基本的には低刺激。

特にお風呂などで洗顔する場合は、肌が普通よりも弱い状態になっていますので、クレンジングではなく洗顔に重きを置いて顔を洗うことが重要なんですね。

洗顔の回数は1日2回。

洗顔の回数。

多くても少なくても効果は落ちるんです。

顔が汚れるのは屋外と寝ている時

洗顔は顔の汚れを落とすものです。

というのも顔の汚れというのは、皮脂や古い角質、ホコリといったモノで、こういった汚れは毛穴に詰まったりするとニキビや肌荒れの原因になるんですね。

ですからしっかりとこういった汚れは落としておくべきなんですが、そんな汚れが最も蓄積するのはいつなのか。

それは、外出している時と寝ている時です。

人間は活動すると汗をかきます、そして同時に顔に油が浮いてきます、これが皮脂です。

外にいるときはこの皮脂に外のホコリがこびりついてしまって顔がけっこう汚れますし、皮脂そのものが顔の汚れになる場合もあります。

また、寝ている時も皮脂はたくさん分泌されます。

しかも寝ている時は、顔を枕や布団に直接つけていますので、この皮脂にホコリや汚れがつきやすくなっているんですね。

洗顔は汚れた後にするものです。

顔が汚れやすいのは外と寝ている時。

だったら、当然洗顔をするのは寝る前と起きた後ということになりますよね。

これは、よごれた時に洗顔をするのが当たり前だということなんですが、言い換えると、汚れてもいないのに洗顔をしたり、汚れが蓄えられてもいないのに洗顔をする必要はないということでもあります。

朝洗顔して昼も洗顔して夕方洗顔して、そして寝る前に洗顔。

確かにこれだと一日中顔はきれいなのかも言しれませんが、汚れてもいないのに洗顔をしてしまうことは決して肌にとっていい事ではありません。

というのも、肌の表面にはバリや機能がついていて、過度の洗顔はこれを壊してしまう恐れがあるんですね。

つまり洗顔のし過ぎで肌が荒れるということ。

そう、洗顔は、一日に2回朝と夜だけで十分なんです。

洗顔剤の選び方、ポイントは皮脂を落とせるか

 

次に洗顔剤の選び方です。

ポイントはしっかりと皮脂を落とせるかどうかなんですね。

洗顔で落としたいのは皮脂です。

洗顔は汚れを落とすもの、それは正しいのですが、実は顔の汚れのほとんどは皮脂。

もちろん、角質やほこりなどの皮脂ではない汚れもついていますが、実はこういうものは皮脂がなければ普通に水洗いでも落ちるんですね。

ところが、ここに皮脂があるせいで、角質やほこりが粘度を持ち顔にへばりつきこびりつき。

結果、その粘ってしま他汚れが毛穴に入り込んで角栓になったりニキビになったり、肌荒れの原因になったりするわけです。

ですので、敵は皮脂のみです。

なので、皮脂をしっかり落とせるのであれば洗顔用固形石鹸でも問題ないですし、チューブタイプのものでも皮脂をしっかり落とせれば問題ありません。

皮脂に強い洗顔剤は洗顔後の突っ張った感触が気になる人もいますが、気にしなくてもOK。

なんとなくやだなぁというだけで、たいしてマイナスではないんです。

洗うことを主体に考えましょう。

洗顔をするから洗顔剤……なんですが、今はいろいろなものがありますよね。

化粧水やクリームで使う様な美容成分が配合されていたり、保湿成分が入っていたりと色々ですが、何か特別なお肌のトラブルでもない限り、洗顔剤は顔をしっかり洗えれば他の成分はいりません。

というのも、この後化粧水やクリームを塗る時に、ここでしっかり汚れが落ちているかどうかでその効果が変わってくるからです。

美容効果はそっちに任せて、しかり洗うことだけ考えましょう。

また、クレンジングもできる洗顔剤もありますが、面倒でないなら別の方がいいですね。

メイク落としは刺激が強いものですから、肌によくないのは先ほど言ったとおりです。

あとは泡立てて優しく洗うだけ

 

あとは、皆さんご存知の通り、泡立てて優しく洗うだけです。

とうぜんごしごし洗いは禁物です、ってこの辺は皆さんもうご存知ですよね。

しっかり洗って、スキンケアの基本を整えておきましょう。

コメント