忙しい主婦に飲むだけスキンケア。栄養補給で肌は生まれ変わる!?

主婦って本当に忙しいですよね。

特に子供が生まれたばかりだったり、まだ幼稚園や保育園にも通っていないなんて時期は、やることが次々に現れて本当に大変です。

しかも、ストレスだったり単なる身体的な疲労だったりでお肌はだんだんボロボロに。

かといって、小さい子供がいるというのに顔にいろんなものは塗りたくないし(子どもって顔舐めますよね汗)そもそも育児にお金がかかってコスメがあんまり買えない!

……わかります、これほんとにきつい。

そこで今回は、まず体の中からスキンケアを考えていこう!そういうお話です。

美肌にサプリメントという選択肢

忙しい主婦の時間を節約するスキンケア、それはサプリメント

確かにサプリメントで栄養補給して……というのは、コスメのように初めてすぐなんとなく効いてる感じがする!というものではないので疑問を感じる人も多いでしょう。

しかし、よく考えてください、あなたのその肌だって体の一部。

つまり身体の調子を整えない事には肌がきれいになることなんかあり得ないし、いわばコスメは応急処置や悪化の予防であってサプリメントで体の調子を整えるのは基本的な事なんですね。

身体が元気になれば、当然肌はきれいになります。

これ、当然です。

サプリじゃなくて食べ物からとる方がいいんじゃない?

その通りです、何も間違っていません。

しかし、よく考えてください、これは子育てをしたことのある主婦や忙しい主婦の人ならわかると思うのですが、一番最初に削る時間って何ですか?

そう、自分の食事じゃないですか?

特に小さい子供がいると、もう食べさせるのに手いっぱいで、結局自分は子供のあとになんとなく適当なものを食べてしまう。

もう一度言いますが、食べ物でとるのが一番です、それは正論です。

でも、一日に何種類以上の野菜とか、同じくらいのお肉とか、レバーだフルーツだスーパーフードだなんて、そんなものセレブの生活です。

昼ごはん、お湯沸かしているだけの人の方が絶対多いですよね。

肌に良い栄養素とは何だろう? ビタミン系

ではここからは、肌に良い栄養素を見ていきましょう。

まずは美肌と言ったらすぐ思い浮かぶ、ビタミン系です!

美容ビタミン「ビタミンB群」

スキンケアに欠かせないビタミンといえば、その筆頭はこのビタミンB群

納豆やお肉、サバ、バナナなどに含まれる栄養素なんですが、このビタミンの効果は、肌の正常なターンオーバーを維持する効果があるんですね。

ところでターンオーバーってよく聞きますよね。これは簡単に言えば選手交代。

肌表面の疲れ切った選手を退場させて、まだ元気な選手を新しく肌の表面にするというイメージでOKなんですが、これが正常でないとシワ、シミ、くすみ、かさつき乾燥などのトラブルに。

ぜひとっておきたい栄養素です。

コラーゲンの素「ビタミンC」

ビタミンCはコラーゲンをつくる時に欠かせない材料。

つまり、ビタミンCが不足すると人間の身体はコラーゲンを作り出すことができなくなるわけで、これはスキンケアにとっては一大事です。

ビタミンCがどんな食物に入っているか……はいいですよね、有名すぎます。

しかもビタミンCには抗酸化作用があって身体のさび付き防止に効果的

老化防止のビタミンともいわれていて、スキンケアには欠かせないですよね。

抗酸化作用といえば「ビタミンE」

ビタミンEは抗酸化作用の強さでは最も有名なビタミン

最近流行のアーモンドミルクなどにも豊富に含まれているビタミンで、抗酸化ということはつまり老化防止のビタミンですよね。

また血流を改善して、皮膚の再生を助ける効果もあります。

どんなに栄養を取っても、それを運ぶ血の流れが滞っては意味がないですからね。

皮膚を守る「ビタミンA」

ビタミンAは皮膚の炎症を押さえてくれて健康な皮膚を保つビタミン。

サプリメントによっては、ビタミンAではなく「レチオノール」や「カロテン」という表示になっていますので注意。

肌に良い栄養素とは何だろう? ミネラル系

肌に良い栄養素の中で忘れられがちなのがミネラル系

実はこういうミネラルが不足することも、肌の調子を悪くする原因です。

ターンオーバーにはこれも欠かせない「亜鉛」

肌の代謝を促進してくれる亜鉛。

ターンオーバーにも関係してくるミネラルなので、不足すると大変です。

色々な食品に含まれていますが、そもそもあまり大量に含まれているわけではないので、不足しがちなミネラルの代表格です。

貧血はお肌の大敵「鉄」

鉄といえばやはり貧血予防でおなじみのミネラル。

この貧血という状態は、肌に充分に栄養をいきわたらせることができないため、肌の栄養不足の元になります。

また鉄は代謝にも大きくかかわっているミネラル。

代謝が悪くなれば当然肌の調子も悪くなってしまいます。

甲状腺のミネラル「ヨウ素」

様々な栄養の代謝に関わっている甲状腺を健康に保っているのが、ヨウ素。

栄養の代謝に関わっているということは、肌のターンオーバーにも、また肌艶にも影響を与えてしまいます。

海藻によく含まれるため、昔は日本人はほとんど不足しないといわれていました。

今でも、そこまで不足が心配なミネラルではありません。

他にも「銅」「マンガン」「マグネシウム」「ケイ素」などいろいろ必要

肌に関わるミネラルはこのほかにもたくさんあります。

銅やケイ素はコラーゲンの生成に関わっていますし、マンガンは新陳代謝マグネシウムはタンパク質の合成に必要なミネラルになっています。

とにかく、ミネラルは大切ということですね。

忘れちゃならないタンパク質

結句忘れられがちなんですが、美肌に欠かせないものでもっとも重要なものはタンパク質

だって、肌はタンパク質ですからね、これがないと話になりません。

当たり前すぎて忘れられがちですが、タンパク質はスキンケアには欠かせない栄養素です。

容量をしっかり守ってサプリ生活。

ではどんなサプリがいいかというと、これは普通に市販されているものでも大丈夫です。

ただ、栄養素はとればとるだけ聞くというものではなく、過剰摂取すると逆に体に悪いものもあります。

ですので用法要領を守ることが大前提。

その点でおすすめなのがマルチミネラルやマルチビタミンといった、バランスよく色々配合されているサプリメント。

まずはこれとプロテイン(たんぱく質)で様子を見て、さらに上を目指す場合はいろいろなサプリを試してみるといいですね。

コメント